FC2ブログ

麻酔科専門医更新の条件

日本麻酔科学会から専門医の更新基準について2018年12月27日に通達が新たに出ていましたね。
結論から言うと単一施設に週3日専従しないとダメという要件は残ったままでした。
一時、単一施設という文言が消えたという話が出ましたが結局は週三日”単一”施設に勤務していないとダメみたいです。
単一施設に勤務すると麻酔管理の質が上がるなんて言うのはみんなわかってますが嘘っぱちでして学会のお偉いさん達がフリーランス麻酔科医憎しの一心でねじ込んできたしょうもない条件だと思ってます。
しかし、その一方で糾弾されてもしかたないようなフリーランス麻酔科医が一定数いるのも事実です。
ただ、申請時に単一施設に週3日ということはその年だけ週3日単一施設に専従すればいいだけということなんでしょうか。
よくわかりませんが学会に確認して書面で確認しといた方がよさそうな気がしてます。
さらに非常勤麻酔科医アンケートというしょうもない調査を学会が11月に出してきましたね。
「麻酔フリーター」とかいう表現が悪意丸出しです(笑)
しかも、バイト代いくら払ってるか書けとか時代錯誤感がすごい。
報酬額とか契約内容を関係ない第三者機関に教えろとかありえないですよ。
ついでなら大学医局から来る麻酔科医のバイト代も調べて比較してみればいいと思いますけど。
フリーランス麻酔科医が暴利をむさぼっているとか言うけれど、大学医局派遣の方が滅茶苦茶暴利をむさぼっているケースが多いのは周知の事実なんですけど。。
フリーランス化の流れでバイト代の相場が上がった恩恵を思い切り受けているくせによくこんな恥知らずな調査をするもんだなと感心します。
己の利権を守るために麻酔科医の地位を下げ、働き方の多様性をなくすことに恥ずかしげもなく全力を尽くす学会、素敵じゃないですか笑
バカバカしいのでもはや麻酔学会に何も抗議する気もありませんが、地方の絶望的な状況を考えると週三単一施設専従は結構まずい条件だと思います。
なおさら麻酔科医の偏在が進む可能性があるかもしれません。
自分としてはこの制度変更自体はビジネスチャンスと考えて、地方の病院に質の高い医療を提供できるようなネットワーク構築を2019年は進めていこうと思います。







続・職業紹介業

サイト構築などをしようと思っていましたがどこまでの規模感を目指すかで中身と金額がかなり変わってきます。
当初はエムスリーやらアネナビみたいにサイトでマッチングさせるだけのスタイルを考えておりました。
しかし、従来の紹介会社経由で来る医師・麻酔科医に対して多くの病院が相当な不満を持っているという現実を顧みて、そういったマッチングサービスみたいなものは目指すべきものじゃないと感じております。
質を担保しない紹介業が本当に多い。。
ということで大規模なサイトを作るのをやめました。
フリーとして培った人脈を駆使して、紹介する麻酔科医のクオリティを保ちながら本当に困っている病院をマネジメントを含めてサポートするというスタイルを模索しております。
現在、1つ案件を引き受けて4月より運用が開始されています。
この案件はビジネスモデルの試金石になると考えています。
今後は同じような考えを持った麻酔科医、グループと緩やかな連携をとりつつ仕事を広げていければいいと思いますが、無理に手を広げるつもりはありません。
本当に必要とされたときに動ける人間が集まって動く。
目指すべきはグループというよりアライアンスですね。
スターアライアンスみたいなもんでしょうか笑
その対象は大学医局だって入っていいんじゃないかと思います。。
とりあえず何か一つ流れを変えたいのでイベントでも企画しようかと思っとります。
まずは学会を開催してみるというのはどうでしょうか。
その名も「日本フリーランス麻酔科医学会 第1回非学術集会」
節税、海外移住、副業などみんな興味があるのに意外と聞けない内容を各ジャンルのスペシャリストが講演いたします。
講演後に個別相談あり。
年会費は無料。
参加資格は特になし。既にフリーでもこれからフリーでも常勤でフリーになるつもりがなくてもOK。
今年はちょっと無理なので来年の麻酔科学会の裏で神戸ポートピアホテルで開催します!
ただ、偉い人に怒られた挙句ホテルに断られそうです笑
面白いと思うんですけどね。。




有料職業紹介業始めます

今更ですが麻酔科医を紹介する有料職業紹介業を始めることにしました。
もう世の中には紹介会社がたくさんあるし、はたしてどこまで意味があるかよくわかりませんが。。
開業もしている関係で大手から零細までいろいろな紹介会社を利用しましたがどこもひどいもんです。
〇3さんなんてもはやエージェントとかも来ないですし。。
まあ来なくてもなんの問題もないわけで結局紹介業者というのはほとんどマッチングさせて終わりな仕事なわけです。
ならばいっそ麻酔科医で業界事情にも詳しい自分がやったほうがまだマシなんじゃないかという気もししております。

会社名はずばり「名医紹介所」
大門未知子を見て決めました。
紹介料は他社を圧倒する1000万円です!
その代わりに当社代表が千疋屋でメロンを買ってお持ちします。
当社登録の麻酔科医には麻酔導入前に「私、失敗しないので」と宣言していただきます。
そのためエピが入らない、Aラインが取れないなどの失敗があった場合には給料および紹介料を全額返金いたします。(注1)。
(注1)登録麻酔科医の皆様へ
失敗しないためにも末梢は病棟で取ってからの入室、そしてマックグラスを使用した気管挿管のみで管理する素全麻を強く推奨いたします。エピ、Aライン、ルンバール、CV、ガンツ、ストマックチューブなどは「いたしません!」とお答えいただければ幸いです。

わかってると思いますが冗談です笑

しかし麻酔科紹介業を始めるのは本当なのでサイトができたらまた告知します。
案件などは関東から東北にかけてだんだんと増やしていければと思っています。
従来のような医師紹介もするつもりですが、他の会社とはちょっと違う特色を出せれば面白いかなと思います。
さしあたって紹介できる案件もあまりないのですがなんの実績もないほぼペーパーカンパニーに協力してくれる奇特な麻酔科医を絶賛募集中です。
特に
①普通の麻酔を普通にできる方
②普通の性格の方
③マレーシアから出稼ぎに来る方法を知りたい方
④バイトの鬼な方
⑤新幹線を見ると興奮する方
⑥3度の飯より麻酔をかけるのが好きな方
は特に優遇しませんが貴重な人材だと思われますのでサイト完成後にご登録もしくはご連絡いただければ幸いです。
このブログ内容は不謹慎そのものですが、私自身は相撲協会くらいクリーンな組織運営を目指しておりますのでご安心ください。

いつもの調子で書いて申し訳ありません。
仕事はきちんとやる男です。。




























麻酔科の先行きについて

麻酔科医の先行きについて聞かれることがありますので個人的な見解を述べます。
あくまで個人的な意見で研修医もしくは学生さん向けです。
結論としては将来フリーランスになるつもりで麻酔科医に今からなるのはやめといた方がいいと思います。
フリーの仕事は新専門医制度のせいで市中病院に若い医者が減ったせいで意外と引く手数多な感じは続いてるようです。
しかし、麻酔学会に行けばわかりますが女医率の急激な上昇があるため、結婚出産などを機に数年以内に好条件の病院に大学から移る流れが予想されます。今から専門医を取ろうという人達が資格を取る頃には好条件は減っていると思います。
そして、年々感じることですが麻酔料金の査定も厳しくなってますので点数が削られるのは時間の問題でしょう。
ちなみにフリーランスと関係ありませんが、集中治療は大変ですし、そもそもそんなに需要がありません。
ペイン単独は需要はあっても開業してもそれほど儲かりません。
麻酔科の業務が好きで普通のオペ室麻酔科医として働く分にはまだまだやっていけると思いますがフリーランスというジャンルは廃れていくと思っています。
ぼちぼち専門医の人達は今の売り手市場な状況で好条件を引き出してさっさと就職するのがいいでしょう。そして週一くらいでバイトに行けばいいんです。部長になっちゃえば自分のところにバイトきてもらう代わりに相手のところに行けばいいわけで自分の外勤先は絶対キープできますよ。たぶん収入もフリーランスで働くのとそんなに変わんないと思います。
節税はできませんけどね。。
業務委託契約は黒なのでどうせ給料でもらうとなるとフリーのメリットもあんまりないです。
地方に行って思いましたがやはり医者は開業するのが一番です。
ライバルのいない所で開業、これが最強です。
なので地方出身者は麻酔科医なんかならずに開業できる科に行くことをお勧めします。
入局は地元にしましょう。地元のコネはとっても大事です。
すごく保守的な意見のようで大変恐縮ですが、色々目新しいことをやってきた結果ここに行き着きました笑
自分は新しいことにチャレンジするのが趣味ですが麻酔はもう保守的でいいかなと思ってます。
なのでぼちぼち就職します!
そしてブログのタイトルも常勤麻酔科医のブログに変更します!

嘘です笑

最新版:麻酔と業務委託契約。 悲報です・・・

ご無沙汰しております。
麻酔と業務委託契約についての最新情報です。
悲報ですので皆さん心してお読みください。
まあ、あんまり関係ある人はいないでしょうけど。。
まず結論です。
厚生労働省は麻酔を業務委託契約で行うことは認めないそうです。
以上終了。。。。

実はグレーゾーン解消制度というものを使って厚生労働省に麻酔を業務委託契約で行う事業計画を作って問い合わせました。
事業の詳細な内容はめんどくさいので書きません。
グレーゾーン解消制度についても適当に調べてくださいね。
ネットに書いてます。
最初に書類を提出したところ、まずは事前相談に来て欲しいと言われたので、弁護士と一緒に実際に厚生労働省に行って担当さんと話しました。
話した時はそんなに悪い感触ではなかったのですが、その後のやりとりで業務委託契約は厚労省としては認めないという連絡がきました。
そこで厚労省が根拠だという資料などを送ってきましたが、正直ピントがずれているというか納得のいく返答ではありませんでした。
そのうち居留守を使っているのか連絡も取れなくなりまして、こちらもこれ以上議論する気が無くなり撤収という形になりました。
担当者がめんどくさいので握り潰そうとしているのか上の指示かはわかりませんが、一応厚労省全体としての見解だということでした。
しかし、返答の期限は全く守らないし、日本のお役所の仕事振りがよくわかりました。
いやー、この話はなかったことにしようという強い決意を感じましたね。
このままグレーゾーン解消制度を使って書面で公式に見解を出させようかと思いましたが、業務委託契約している医者が全員オフィシャルに真っ黒になるのもかわいそうなのでやめました。。。
とはいえ麻酔に限らず医療行為を業務委託契約するのは認めないとメールではっきり書いてきたので私は絶対にやらないことにしました。
あんまり業務委託契約でやってる人はいないのかもしれませんが、法人であろうが個人であろうが出来高だろうが一人麻酔だろうがグレーではなく黒ということです。
麻酔の業務委託契約は黒ですのでこれからは必ず給与でもらいましょう。
正直、理論としてはあまり納得いきませんし弁護士も法的解釈には疑問を持っていました。
裁判で戦えばどうなるかわかりませんので勇者は戦ってみてもいいかもしれませんが。。まあ、そこまでする人はいないでしょう。
自分としてはこれからも奴隷として頑張りなさいという厚生労働省様からのありがたいメッセージと思い頑張っていこうと思います笑







プロフィール

フリーランス医師

Author:フリーランス医師
元クアラルンプール在住、現在は日本のフリーランス麻酔科医師。
憧れのゴッドハンド先輩を目指しPTEeXAM、JB-POTを取得。心臓血管麻酔とTEEに打ち込んでいた大学時代…。
その後フリーに転身し自由診療クリニックを共同開業し二毛作麻酔科医となる。さらにはMM2Hを取得後マレーシアへ移住しPerpetual traveler麻酔科医を目指す。関東、東北、東南アジアを飛んで回るジェットセッター麻酔科医となり移動距離だけは日本一となる。
恩師であるゴッドハンド先生のもとに再入門後、再びフリーとして巡業開始。
2017年より有料職業紹介業へ参入決定。
二兎どころか三兎を追う状態となり「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺へのアンチテーゼとしての存在を目指す。
本文中にはフィクションもだいぶ含まれおります故、ご注意ください(笑)

twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR